【スパイショット】マクラーレン「MP4-12C」のオープンモデルをキャッチ!早ければ今年後半にも登場が期待されるマクラーレンMP4-12Cスパイダー。その姿がキャッチされたので紹介しよう。

写真を撮影したのは自動車雑誌『Car Magazine』。同誌によると、MP4-12Cスパイダーにはアルミとプラスチックが使われたハードトップが採用されているらしい。このルーフを手がけたのはリトラクタブルハードトップで有名なベバスト社と、さらにロータスもかかわっているという話だ。ルーフはタルガトップのようなデザインで、およそ17秒で開閉し、またルーフを格納しても外からエンジン部が見えるように設計されているという。

MP4-12Cスパイダーの性能はクーペと同様で、ツインターボの3.8リッターV8エンジンは最高出力600psを発揮し、トルクは約61kgm。ルーフの開閉をはじめ、その全貌が明らかになる日を楽しみに待とう!

By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連リンク
【レポート】Mr.ビーンが再び衝突事故、愛車マクラーレンF1が大破!

【ビデオ】フェラーリF458 vs ポルシェ911ターボ vs マクラーレンMP4-12C vs ノーブルの対決!
【ビデオ】「マクラーレン F1」を設計した奇才デザイナーの最新作は「バットモービル」!
【PR】 MP4-12Cの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!