【東京オートサロン2012】カスタムカー・コンテストで頂点に輝いた「雨宮 NA Super-7」!
「東京オートサロン 2012 with NAPAC」出展車両を対象に、来場者からの投票によって人気ナンバー・ワンのクルマを決める「東京カスタムカーコンテスト」。その中でチューニングカー部門最優秀賞に選ばれたRE雨宮の「雨宮 NA Super-7」が、その後の公式サイトにおける一般投票の結果、見事グランプリに輝いた。30年間連続でチューニングカーを出展し続けたRE雨宮の、FD3S型RX-7最後の集大成というそのクルマをご紹介しよう。


生産終了から5年になる今でも高い人気を保ち続けているマツダの「RX-7」は、ロータリー・エンジンを搭載する2シーターまたは2+2シーターのスポーツカー。FD3S型はその3代目にして(今のところ)最終モデルだ。

そんなRX-7をはじめとするロータリー・エンジン搭載車のチューニングおよびレース活動で有名なのが、「アマサン」の愛称で知られる雨宮勇美氏が率いるチューニング・ショップ「RE雨宮」。今回のオートサロンにもマツダ RX-7&RX-8をベースにした数台のロータリー・エンジン搭載カスタムカーを出展していた。



中でも最もユニークで美しいデザインを持ったクルマが、今年のグランプリ受賞車である「雨宮 NA Super-7」だった。グラス・エリアやCピラーにFD3S型RX-7の面影が残っているものの、ワイドに膨らんだフェンダーやスラントしたフロント・ノーズ、未来的な建築物を思わせるリア周りの造形など、個性的で迫力のあるスタイリングを纏う。フロント・ミッドに搭載されているパワー・ユニットは、RX-7の13B-REW型ロータリー・エンジンから敢えてシーケンシャル・ツインターボを外した自然吸気仕様。それでも約310psを発揮するそうだ。ホイールは「エンケイ レーシング GTC-01」の20インチ。255/30ZR20というサイズの「ヨコハマ アドバン ネオバ AD08」を履いていた。



製作に携わったRE雨宮の方にお話を聞いてみた。


これは随分個性的なデザインですけれど、イメージとして何か参考にされたクルマってありますか?

「デザインしたのはアマさんなんですけどね、どっかで見たなんかのコンセプトカーがヒントになっているみたいですよ。アマさんの頭の中での話なので、もうそれが何かは他の人には分からないんですけど(笑)」

アマさんって、どんなふうにデザインするんですか?

「はじめは、アマさんがなんかマンガみたいなのを描いてきて(笑)、それをずっと担当してくれてる(社外の)モデラーさんがイラスト化します。それを元に発泡ウレタンで形を作り始めて、アマさんがそれを見て指示を出して修正。そんな感じで繰り返して完成させます」

CADなんかで3Dデータを起こしたり、図面を描いたりはしないのですね?

「ファイバーでボディ(外板)を作るときも、すべて現物合わせです」

アマさんがお描きになったカタチを実現するにあたって、ご苦労された点は?

「フロント・ノーズの(傾斜した)ラインを実現するために、エンジンの搭載位置を出来るだけ低く下げて、大きく後ろに後退させています。さらにターボは外しました」

ドア・ミラーもユニークな形状ですね。

「これはファイバー屋さん(ボディの製作を担当した業者さん)がデザインしました」

シルバーのボディが独特な輝きを放っているようにも見えますが、何か特殊な塗装が施されているのでしょうか?

「ごく普通の塗料ですが、メタリックの粒子が少し粗いシルバーを使っています」

このクルマは派手なグラフィックを入れることなく、シルバー1色にされたのですね。

「シルバー1色だと誤魔化しが効かないでしょ? だから、敢えてね」

このままコンプリート・カーとして市販されるご予定は?

「今のところは考えてないですね」



エンジン・ルームも見せていただいたのだが、確かにこのフロントのデザインはコンパクトなロータリー・エンジンでなければ実現不可能だったように思われる。現物合わせで製作されたというボディの仕上げは美しく、大メーカーの製作したコンセプト・カーと比べても決して引けを取らない出来映え。しかも、驚くことにこのクルマ、ちゃんと車検を取得し、公道走行も可能なのである。

ロータリー・エンジンを愛して止まない人達が辿り着いた、究極のロータリー・スポーツカーの1つのカタチ。このクルマは世界に(今のところ)1台しかないけれど、本家マツダでロータリー・エンジンの火を消すまいと奮闘している人々に、多くの刺激と勇気を与えてくれることだろう。


Related Gallery:Hands-On: NVIDIAs Kal-El


■関連リンク
【LAショー2011】マツダ社長がロータリーエンジンの復活を明言!
【東京オートサロン2010】RE雨宮 風林火山 with SGC VII
「ヴェイロン」を打ち負かす!ロータリー・エンジン搭載のスーパーカー、ドイツで開発中!
【PR】雨宮 RX-7が欲しくなったら!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!