先日もご紹介したが、日本で最も売れている乗用車であるプリウスで気軽に車内泊やキャンプができる「プリウスリラックスキャビン」東京オートサロン2012で公開された。この車両はキャンピングカー製造を多数手がけるカスタマイズメーカーのかーいんてりあ高橋が開発した泊まれるプリウスなのだ。

プリウス」をベースにFRP一体型のシェルを搭載することで、大人4-5名が寝られるスペースを確保、加えて高い天井高のおかげで、車内でも立って着替える こともできる広々スペースを得ることができた。担当者によると、プリウスユーザーは特に燃費を重視して購入するユーザーが多いので、キャンピングカーでは あまり重視されないような軽量化や空力を意識した流線型のボディを採用したとのこと。この斬新なスタイルは街中でプリウスがあふれる中、目立つこと間違い なしだ。もちろん改造したままで公道を走行することができ、ナンバーも3ナンバーの乗用車登録の他、オプションのキットを装着すれば8ナンバーのキャンピ ングカー登録にすることができるのだ。

標準装備としては、FRP一体型ボディ、室内断熱施工、LED室内照明、折りたたみテーブル、カップホルダー付き稼働棚、サイドソファー、強化化ガラスエ ントランスドアー、ハイマウントストップランプ、ローダウンサスペンション、サブバッテリー、走行充電システムが搭載され、加えて、オプション装備として サンルーフ、FFヒーター、キッチンなども設定されており、本格的なキャンピングカーとして自分なりの仕様に仕上げることもできるのだ。ちなみに、全長は 4960mm、全幅1745mm、全高2050mmということで、キャンピングカーとしては取り回し性が非常に良いサイズとなっている。

価格は現時点では未定であるが2月の初旬には公開できるとのこと。また、発売時期に関しては春を目処に検討しているとのことだ。燃費のいいキャンピングカーや、ちょっと快適に車中泊をしたいなあと考えている読者は一度チェックしてみたらどうだろうか。

Related Gallery:LG 2012 3D Brillen und Smart TV


■関連リンク
ガス代も宿泊代も節約! 「プリウス」の改造キャンピングカー

【ビデオ】行楽シーズンにもってこい! ドイツ製の水上キャンピングカー!!

【ビデオ】期待の新ハイブリッド、トヨタ「アクア」の走りを映像でチェック!
【レポート】カタログが流出! これがプリウスの新型モデル「アクア」!!
【PR】 プリウスの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!