【レポート】自動車盗難事件が頻発するデトロイト 警察がとった驚きの防止策とは?
デトロイトをこよなく愛するデトロイトの市民でさえ、街の治安に関しては決して自慢できないほど、デトロイトのダウンタウンでは、車上荒らしや自動車盗難事件が頻発している。この深刻な問題の解決策として、デトロイト警察は驚くような方法を防止策の実施を始めた。

デトロイトの地元紙『デトロイト・フリー・プレス』によると、警察は犯罪防止のために、徹底した路上駐車の取り締まりという施策を打ち出したという。取り締まりが始まったのは、先週12日から。ミシガン州の地元メディア『MLive.com』によると、駐車が許可されている場所に停められた多くの車までがレッカー移動されているという。とはいえ、レッカー代は払い戻されるとのこと。また、ダウンタウンにある時間貸し駐車場の駐車料金を値下げして、この施策に協力するという会社もあるそうだ。

現在のところ、この規制の実施期間は明らかにされていないが、今月22日までデトロイトオートショーが開催中のため、「ショーの開催期間中だけ」という見方もある(実際に昨年のデトロイトオートショーでは、BMW「7シリーズ」が強奪された事件が起きた) 。

レッカー移動の料金が返金されるとはいえ、車を引き取りに行くのはかなり面倒。デトロイトに車で出かける人は十分にご注意を!