日産のEV「リーフ」が登場して昨年の12月で丸1年を迎えたが、国内での登録台数はガソリン車に比べれば、お世辞にも多い台数とはいえない状況だ。そのため、アフター用品メーカーがリーフ専用パーツを発売しにくい状況であったが、東京オートサロン2012にて、日産系用品、エアロパーツを多数手がけるホシノインパルより、リーフ専用エアロパーツが先陣をきって発表された。

そのため、アフター用品メーカーがリーフ専用パーツを発売しにくい状況であったが、東京オートサロン2012にて、日産系用品、エアロパーツを多数手がけるホシノインパルより、リーフ専用エアロパーツが先陣をきって発表された。

出展スタッフによるとEVだからといって特に意識した点はないということだが、全体的にIMPULらしいスタイリッシュでスポーティーな仕上がりとなっている。今回企画されたエアロ(未塗装)は、フロントバンパー(102,900円)、サイドステップ(63,000円)、リアバンパー(92,400円)となっており、3点キットとして購入すると236,250円の特別価格で購入できるという。

現状はまだ試作品段階なのでデザインの変更する可能性もあるとのことで、もしかしたら、開発中のパトロール用エアロに装備されている横配置のデイライトキットを、タテに配置したフロントバンパーに変更になるかもしれないとの話を出展スタッフから聞くことが出来た。気になる発売時期は今年の春を予定しているとのこと。

「リーフ」に乗ってみて思うことはやはり遠出した時の航続距離が短いところだ。
特に東北道などまだまだサービスエリア等に充電スタンドが設置されていな場所が多く、エアロ装着で空気抵抗が下がり航続距離が少しでも伸びれば、さらにEVが魅力的になる。今後のEVのエアロパーツは、そういった点にも注目して開発をして欲しい。
まずは、純正パーツとは一味違うIMUPALのエアロキットの登場で、EV向けアフターパーツの市場が盛り上がっていくことを期待したい。

Related Gallery:tokyo-autosalon 2012 LEAF IMPUL


■関連リンク
【CEATEC JAPAN 2011】 駐車するだけで充電できる! ケーブルいらずのEV用充電器

トップギアが『問題のエピソード』を放映、批判に対し反論する!
アメリカ人がいま一番好きな日本車!?  日産「リーフ」購入者の半数はアメリカ人
【PR】 リーフの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!