東京オートサロン2012 with NAPAC」のスバル・ブースには、トヨタとの共同開発によって生まれた新型FRスポーツ「BRZ」が2台出展されていた。1台はスバルのモータースポーツ部門「STI」によるチューニング。そしてもう1台は、スバル車専門のパーツ・メーカー「プローバ」がカスタムした車両だ。

まずはスバルのモータースポーツ統括会社である「STI(スバル・テクニカ・インターナショナル)」が手掛けたBRZからご紹介しよう。

最初に目が行くのは、東レ株式会社の協力によって製作されたというカーボン・ルーフとカーボン・ボンネット。車両重量を軽減すると同時に、重心を下げる効果があるという。STIの担当者の方によれば、カーボン・ボンネットは歩行者保護もきちんと考えてデザインされているそうだ。乗ると違いは分かりますか?とに尋ねてみたところ、「若干の差異は感じられる程度」とのお答え。紫外線にも強いコーティングが施されているので、耐久性に関しては問題ないとのこと。

エアロ・パーツはフロント・バンパーの下部に付けられたアンダー・スポイラーと、トランク・リッドの上でコの字を描くトランク・スポイラーの2点。意外と控え目だ。リア・スポイラーに関しては、「ハイマウント・ストップ・ランプの照射角を遮ぎることになるので、ダックテールのような形状にはできなかった」そうである。



STIチューンの真骨頂は、車体剛性を上げると同時にしなやかな走りを目指すという、ボディおよび足回りに装着されたパーツの方だろう。ボンネットを開けると、すでに「インプレッサ WRX」用パーツとして販売され高評価を得ているフレキシブル・タワーバーが目に入る。"フレキシブル" の名前通り、ただボディを固めるのではなく、入力をいなす、という発想によって開発されたこのパーツは、コーナリング性能はもちろん、直進安定性や乗り心地なども含めた総合的な走りのレベルを向上させるそうだ。

足回りには、このモデルのために特別に製作されたビルシュタイン製ダンパーをSTI製コイルスプリングとともに組み込み、ピロボールブッシュ・リヤサスリンクを装着。この辺りのメニューも、これまでSTIが手掛けてきたチューニング・パーツやコンプリート・カーによって効果は実証済み。STIブランドの18インチ・ホイールには、ダンロップ製「ディレッツァ ZII」タイヤを履く。興味深いのは、フロントが215/45R18、リアは225/45R18と、前後で異なるサイズが選ばれていること。ブレーキはお約束のブレンボ製。キャリパーはブラックに塗られていた。

ノーマル同様左右から2本出しというスタイルを採ったスポーツ・マフラーは、STIの方によれば「ファイン・チューニング・レベル」だとか。他にも、水冷オイルクーラー、スポーツ・オイル・フィルターのような走行性能に関係するものから、オイル・フィラー・キャップ、ラジエター・キャップ、バッテリー・フォルダーなどの小物まで、様々なパーツが投入されているが、その全てが今のところ参考出品という形になっている。エンジン本体に関しては、トヨタ系チューナーと足並みを揃えるかのように手付かずのまま。インテリアは、シフトノブだけがSTI製に交換されていた。



STIの担当者の方に、いくつか気になることを訊いてみた。

昨年11月にアメリカのLAオートショーで、これとよく似た名前のクルマが展示されました。しかし今回日本で公開された車両は、それとは全然違ったものです。同じ「BRZ」と「STI」という名前を持つにも拘わらず、このように違ったクルマが2つ存在する理由をお聞かせください。

「LAに出展したときには、まだBRZが発表前でした。ですから、あれはデザイナーが量産車のことを考えず自由に作った物でして、実はドアの形なんかも(市販モデルのBRZとは)違っています(笑)。その後、東京モーターショーで市販モデルが正式発表されましたので、今回はエンジンやボディも量産車を使って、市販化を想定した上で提案させていただいた、ということです」

より現実的なモデルであるということですね。例えば「インプレッサ」(先代)のバリエーションして「WRX STI」がカタログ・モデルにあるように、スバルがSTIの協力を得て開発しているBRZの高性能グレードではないかと(笑)、そういう形で市販されるのではないかと想像してしまうのですが、そうではない?

「このクルマに関しては、開発はスバルではなく、STIが主体になってやっています。もちろん、スバル本社から承認は得ていますが」

市販化するとしたら、STI製コンプリートカーという形になるのでしょうか?

「カーボン・ルーフをやろうと思えばそうなりますね。でも、ホイールやスポイラーなどはパーツとして製品化することを考慮していますし、市販化に関しては複数の方向を考えています。とにかく、今回はSTI全体としてのコンセプト・モデルということで、色々とやってみて、提案させていただいた、という段階です」

この会場のトヨタ・ブースには、TRDが手掛けた「86」が展示されていますが、意識はされていますか?

「意識はします(笑)」

トヨタ/TRDと比べて、スバル/STIならでは味付けといいますか、方向性を言葉で表現すると、どんな感じになるでしょうか?

「一言で表現するのは難しいですが(笑)。これまでスバルのクルマは、安定感、安心感というものを特長として来ましたし、お客様にもそこを支持していただいているのだと思います。ですから、その方向にプラス、STIの思想である "しなやかな走り" を実現するということでしょうか」

ビルシュタインの足回りが製品化されたら、トヨタ 86にも装着できるのですか?

「公式に "できる" とは言えませんが、非公式なら(笑)物理的には付くはずです」


前回お届けしたTRDやモデリスタによるトヨタ 86の記事と合わせてお読みいただければ、チューナやメーカーによるカスタマイズの方向性、ブランド・カラー、センスなどの違いが分かっていただけるかも知れない。



この日、スバル/STIからは、今年度の「SUPER GT」シリーズにBRZをベースとするレーシングカーで参戦することが正式に発表された。市販モデルのBRZと同じFRレイアウトを採用するこのマシンは、STIが製作する。エンジンは色々な意味で夢が広がる「ボクサー・ターボ」(とは言ってもBRZのFA型ではなく、WRX等でお馴染みのEJ型がベースらしい)。出場するGT300クラスに合わせて、約300馬力を発生する見込みだ。チームの運営は、昨年まで「レガシィB4 GT300」で同シリーズに参戦してきた「R&Dスポーツ」と共に行い、ドライバーも引き続き、山野哲也選手と佐々木孝太選手が起用された。

市販車とレーシングカーは別物とはいえ、過去に名車と呼ばれたスポーツカーの多くは、洋の東西を問わず、モーター・スポーツで勝ってこそ、市販モデルでもその名を上げてきたのである。サーキットを舞台に、スバル BRZがどのような活躍を見せてくれるか。今から楽しみだ。

Related Gallery:Subaru BRZ STI


■関連リンク
【東京モーターショー2011】スバル、期待のFRスポーツ「BRZ」の実車を世界初公開!
【LAショー2011】「FT-86」のスバル版「 BRZ」、実車の初お披露目は高性能な「STI」仕様!
【ビデオ】"Made by SUBARU"! スバルの技術者たちが「BRZ」の開発について熱く語る!
【PR】スバル BRZの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!