【デトロイトオートショー】「コンバーチブル」よりスタイリッシュな「MINIロードスター」 が登場
9日に開幕したデトロイトオートショーに「MINIロードスター」がお目見えした。ドライビングダイナミクスには純然たるMINIのよさが出ているとはいえ、スタイリング(特に色合い)については賛否両論ある「MINIクーペ」のカブリオレモデル。今回は、この新型モデルをレポートしよう。

トップをすっかり取り除いた同モデルは、「MINIコンバーチブル」よりもアグレッシブで、しかもスタイリッシュ。明るい太陽のもとでドライブを楽しむならば、こちらのロードスターの方がお薦めだ。

クーペと同様、ロードスターには「クーパー」「クーパーS」そして「ジョン・クーパーワークス」仕様が用意されている。いずれもMINIの1.6リッター直列4気筒エンジンを搭載し、最高出力はそれぞれ124、187、214ps を発揮。ほどなく試乗の機会が得られるはずなので、詳細は後日お伝えしよう。ひとまずモーターショー会場から届いた高解像度ギャラリーで、その姿をチェックしていただきたい。

Related Gallery:2013 Mini Roadster Detroit 2012 Photos Photos


Related Gallery:2012 Bentley Continental GT V8 Photos


■関連リンク
【ビデオ】「MINIクーペJCW」のご機嫌な走りを堪能できる愉快なビデオ!
【東京モーターショー2011】会場で見付けた、スポーツ精神溢れる魅力的なクルマたち!
【ビデオ】MINI「カントリーマンWRC」が猛スピードでぶっ飛ばす!
【PR】 MINIの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!