トヨタがマイナーチェンジした「ランドクルーザー」を発表!
長い間、米国民に愛され続けてきたトヨタのSUV「ランドクルーザー」。ところが2011年の同車の米国内販売台数はわずか1662台にとどまり、"売れなかった車 ワースト10"の仲間入りをしてしまった。そこでトヨタは、マイナーチェンジした同車の2013年モデルを発表し、ランドクルーザーの汚名返上を図るという。

まず、エクステリアの変更点としては、デイタイムランニンングランプがLEDに変更され、ロービームヘッドランプには既存のランプよりも明るく長寿命のHIDが取りつけられた。また、フロントグリルが新しくなり、ランドクルーザーらしいたくましさに磨きをかけている。

パワートレインは、現行と同様の5.7リッターV8エンジンを搭載。最高出力は386ps、最大トルクは55kgmとなっており、トランスミッションは6速オートマチックが採用されている。そして、市街地での走行安定性とオフロードの走破性を高次元で両立させたサスペンション制御システムKDSS(キネティックダイナミックサスペンションシステム)と、路面状態に適した走行モードを選ぶことができるマルチテレインセレクトが、スタンタード装備となっている。さらに、アプリを通して機能が追加できる最新のマルチメディアシステム"エンチューン"対応のナビゲーションも搭載されるという。

トヨタは、ランドクルーザーの高級車版である「レクサスLX570」もマイナーチェンジしており、こちらはデトロイトオートショーでお披露目される予定だ。 ランドクルーザーの詳細を知りたい方は、プレスリリース(英語)をチェックしてみよう。

Related Gallery:2013 Toyota Land Cruiser Photos


■関連リンク