【ビデオ】レースで水没したあのエンツォが770万円で修理完了! パワーも950psに!!
毎年9月に開催されている長距離公道レース「タルガ・ニューファンドランド」で、昨年のレース中に勢い余って河口へ滑り落ちてしまったフェラーリ「エンツォ」。そのエンツォが更にパワーアップして、今年のレースに帰ってくるという。

エンツォのオーナーは、カナダでレース車のディーラーを経営するザヒア・ラーナ氏。彼は水没した愛車の修理に770万円以上も費やしたそうだ。さらに今回もドイツのチューナー、エド・コンペティションにチューンを依頼し、前回の862psを上回る950psまで最大出力をアップさせている。

今年のタルガ・ニューファンドランドには、ラーナ氏の水没映像を見て触発されたという彼の友人や顧客併せて20人もが、レースへの初出場を決めている。果たしてどんな展開になるか、今から非常に楽しみだ。

エンツォの水没シーンと水没前のビデオを用意したので、早速チェックしてみよう。







■関連リンク
フェラーリのモンテゼーモロ会長が明言!「599」後継は3月、「エンツォ」後継は2012年後半に登場

【レポート】「エンツォ」と「599」の後継モデルはこんな車!
【ビデオ】862psにチューンされたフェラーリ「エンツォ」が大西洋に水没!
【PR】エンツォの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!