【スパイショット】外観は映画のまま! 『M:i-4』に登場したBMW「i8」がテストを開始!!
クリスマス前に、トム・クルーズ主演のスパイ映画『ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコル』が公開された。我々が気になったのは、劇中に登場したBMWのコンセプトカー「ビジョン・エフィシエント・ダイナミクス」だ。実はこの車、2013年中に「i8」の名称で販売される予定になっており、映画の撮影を終えた今、市販化という新たなミッションに向けて本格的なテスト走行が始まった。

スパイショットを見る限り、プラグイン・ハイブリッドのスーパーカー、i8は、カモフラージュのシートを剥がせばすぐにでも市販化出来そうな様子だ。このBMW4シータークーペの加速は、0-100km/h約4.97秒と言われており、今回は軽量化のためにドア部分の変更がなされているようだ。

2009年のモーターショーで発表されたコンセプトカーは、ガラス製の長いバタフライドアで前後のシートにアクセスできるのが特徴だった。プロトタイプのドアはどうやら従来通りのサイズとなり、実用性と安全性を備えた仕様になるようだ。また、リアバンパーの左右に円形の突起があり、これらはカモフラージュなのか、そうでなければリフレクターやテールライトとなると思われる。

当時のi8のコンセプトカーは、電気モーターとディーゼルエンジンの両方を使用するハイブリッドカーとして発表されたが、市販型i8はEVとして発売し、レンジエクステンダー用の4気筒のターボエンジンが搭載されると我々はみている。いずれにしろ、i8が市販化された際には、最先端の技術を搭載した車となり、お値段も驚きの価格となることだろう。

Related Gallery:LG 55EA8800


■関連リンク
【噂】BMWがクーペの「i4」とセダンの「i5」を準備中!?

【ビデオ】『ミッション:インポッシブル』最新作のトレーラーが公開! BMW「i8」も登場!!
BMW i3、気になる価格は290万円、航続距離は260キロ!!!
【PR】 BMW「i8」の購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!