うらやましい! フォードが60年代の「マスタング」のレストア用ボディを次々と発売
米では昔のマスタングをレストアして楽しむファンが多い。そんなファンに向けて、フォードが、次々と1960年代の「マスタング」のレストア用ボディを発売している。11月に行われたSEMAショーでは、1965年型「マスタング コンバーチブル」のボディの発売が発表され、今回はそれに1967年型「マスタング コンバーチブル」のボディが加わることが決まった。

この新型ボディはDynacorn International製で、シャシーに簡単にはめ込むだけで取り付けられるように改良してあるだけでなく、オリジナルのボディよりも厚みのある高級メタルを使用している。古いオリジナルボディのサビ取り作業などに煩わされず、時間とコストが節約できるというわけだ。

今回新たに発売が決まったボディは、1965年型&1967年型「コンバーチブル」、1967年型&1969年型「ファストバック」の4モデル。価格は、いずれも約125万円となっている。メーカーが旧車のボディを発売するというこの仕組み、日本のメーカーにもぜひ見習ってほしいものだ。興味のある人は、プレスリリース(英語)で詳細をチェックしてみよう。

Related Gallery:


■関連リンク
【ビデオ】絶対に真似してはいけない! アクセルを踏み過ぎて起きた悲劇!!

デンジャー(危険)なレンジャー!ピックアップトラックに5リッター V8エンジンをドッキング?
【ビデオ】ワンオフの1965年型フォード「マスタング ワゴン」がオークションに
【捕捉】rakugakidou.net
【PR】 マスタングの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!