【ビデオ】ボタン押すとタイヤからスパイク! 驚き技術満載の次期「ディフェン
9月のフランクフルトモーターショーランドローバーが発表した次世代「ディフェンダー」のコンセプトカー、「DC100コンセプト」。その魅力をAOLの乗り物とテクノロジーを紹介するサイト『トランスロジック』が伝えているので、ご紹介しよう。

ビデオでは、レポーターのブラッドリー・ハゼマイヤーがDC100スポーツで登場し、同車の開発担当者に、新型「ディフェンダー」に搭載される最先端テクノロジーについて話を聞いている。中でも注目なのが、車に付けられたセンサーが路面環境を判断して、最適なドライブモードを選択する自動テレイン・レスポンスや、ボタンひとつでタイヤにスパイクが出るオンデマンド・スパイクタイヤだろう。他にも水中走行時にソナーで水深を測るウェイドエイドなど、最新技術が満載だ。現在、2015年の市販化を目指してテストを重ねているという。

ディーラーに並ぶ日が待ち遠しいが、その前にDC100の走る様子と機能をビデオでチェックしよう!

Related Gallery:


ディフェンダー110に電気自動車モデルが登場!!!
ディフェンダーの生産は最低でも2017年まで続行!!!
【PR】 ディフェンダーの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!