【レポート】アウディが2014年モデルから「R8」に新ギアを導入! マニュアルは廃止へ
またひとつ、注目のスポーツカーからマニュアルギアが消えていく。車専門誌『CarMagazine』によれば、アウディは次世代「R8」のマニュアルギアを廃止する方針だという。また、現行の2ペダルクラッチシステムに代わる最新式のデュアルクラッチシステムを導入する予定だという。優れた新技術を搭載するのは歓迎だが、マニュアルシフトに郷愁を覚えるファンには味気ないかぎりだ。

現行R8のトランスミッションはやや中途半端な6速オートマチック「R-tronic」のオプションしかなかったため、2012年モデルから新開発の7速デュアルクラッチ「S-tronic」ギアボックスが採用されることになっている。しかし次世代モデルで、ギアボックスが一掃されるとなると、マニュアルのギアボックスは2012年の夏モデルで見納めかもしれない。またギアボックス以外に、現行R8を大きく特徴づけているサイドブレードもなくなってしまうらしい。V10エンジンはしばらく継続して搭載される模様だが、徐々にターボ付きV8エンジンへ移行していくという。スポーツカーの進化は著しく、変化に違和感は付きものだが、寂しいことだ。今のうちにマニュアルの操作を楽しんでおこう。

■関連リンク
【ビデオ】必見! アウディ「R8スパイダー」でノルウェーの美しい海岸線を旅する

これがアウディ新型R8のフロントフェイス?
【ビデオ】セレブの子供? 11歳の男の子がアウディ「R8」でスピンターン!
【PR】 アウディR8の購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!