自動車メーカーが自社の車の性能を低く見積もりがちでは、と感じたことはないだろうか? メーカー側の見解はそれぞれだが、少なくともランボルギーニは、「アベンタドールLP700-4」の最高速度を過小評価していたようだ。

過小評価と言っても、ランボルギーニが公表しているアベンタドールの最高速度は350km/h。しかし、ドイツの車情報サイト『Sport Auto』のスタッフたちは、この数字に納得せず、自らの手で検証テストを行ったところ、驚異の370km/hという数字をたたき出した。

この数字は、「ケーニグセグCCR」(395km/h)やブガッティ「ヴェイロン」(408km/h)には及ばないものの、「マクラーレンF1」(371km/h)とほとんど変わらないスピードだ。

では、アベンタドールが370km/hを達成した証拠ビデオをチェックしてみよう!



■関連リンク
【ビデオ】710psにチューンされた「458イタリア」が「アベンタドール」と高速道路で対決!

缶コーヒー「ボス」を買うと、ランボルギーニのミニカーが付いてくる!
美しすぎる2台! 「アヴェンタドール」&「ムルシエラゴ」を同時に撮影!!
【PR】 アベンタドールの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!