スバルは、トヨタとの共同開発により生まれたボクサー・エンジン搭載のFRスポーツ「BRZ」について、開発に関わった方々がその想いを語るビデオをYouTubeの公式チャンネルで公開した。

先日の東京モーターショーで発表されたBRZ」は、排気量2.0リッターの4気筒水平対向エンジンをフロントに搭載し、後輪のみを駆動する2+2シーターのスポーツ・クーペ。その企画はトヨタが、設計はスバルが担当したと言われている。なるほど、先日ご紹介したこのクルマのトヨタ版「86」のビデオが、主に開発コンセプトについて、つまり「どんなクルマを作ろうとしたか」を、観る人のイメージが拡がるような映像中心に伝えようとしているのに対し、今回公開されたスバル側のビデオは、具体的に「どうやってそのクルマを作ったか」について語られているところが興味深い。そのことを象徴するように、トヨタ 86のビデオには「トヨタスポーツ800」や「AE86型 カローラ レビン」が登場し、スバルが作ったBRZのビデオでは、「レガシィ」など既存モデルをベースにした先行開発車両の映像を見ることができる。



ビデオをご覧になっていただければお分かりの通り、スバルがこのスポーツカーを開発するに当たって考えたこと、拘ったことは、まず重心の低いスバル自慢の水平対向 "ボクサー" エンジンを使うこと。そしてそれを、いかに低く、いかに後方に搭載するか。さらにそのエンジンを「気持ちいい」と感じられる7,000回転まで回し、200psを発揮させる。
その結果、出来たものは、試乗した人が「みんなニコニコしながら降りてくる」クルマになった。スペックだけでは分からないクルマの "インプレッション" について、期待が膨らむエピソードではないだろうか。




86にするか、それともBRZにするか、悩んでいる方もすでに決めている方も、是非、先日ご紹介したトヨタ 86の動画と合わせてご覧いただきたい。あちらがドリフトやレースなど86の走行シーンを堪能できる爽快で痛快なビデオなら、こちらは冒頭の「Made by SUBARU」の文字が表すように、開発に携わった人たちの技術者魂と強烈な自負、そして完成した喜びが感じられる素敵なビデオに仕上がっている。




■関連リンク
【ビデオ】トヨタ、期待のFRスポーツ「86」の走行シーンが堪能できるビデオを公開!
【東京モーターショー2011】スバル、期待のFRスポーツ「BRZ」の実車を世界初公開!

「スバル BRZ」のボクサー・サウンドが聴けるビデオ&GT参戦ドライバーによる試乗ビデオ!
【PR】スバル BRZの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!