【ビデオ】米のTV番組が、ガソリン爆弾とナフタレン爆弾を使った車の完璧な爆破法を紹介!
アメリカの自動車番組『スタントバスターズ』が、車の爆破シーンを演出する2つの方法を詳しく教えているので、ご紹介しよう。

1つ目の方法はガソリン爆弾。ビニール袋にガソリンを入れただけのシンプルなものだが、190リットル分のガソリンをわずか3秒間で燃焼してしまう程のすさまじい爆発力を見せている。もう1つは、タンスの防虫剤に使われるナフタレンと火薬を混ぜて作った爆弾で、今回は約23kg分を使用。ガソリン爆弾より炎が黒くなり、煙も多く出るのが特徴だ。

では早速、90年代のシボレー「コルシカ」とマツダ「929」(日本名:ルーチェ)が爆発する様子をチェックしてみよう。ただし、絶対に真似はしないでほしい!




■関連リンク
【ビデオ】62年モデルと02年モデル、強いのはどっち!? キャデラック同士の衝突対決!

【ビデオ】「シビック」に仕掛けられた爆弾が爆発する瞬間の衝撃映像 !
【ビデオ】トラクターが一瞬にして大破する大惨事映像!
【PR】 シボレーの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!