【ビデオ】GT-Rの開発もストップ!? ニュルブルクリンクが破たんの危機!
自動車メーカーのテスト走行に欠かせないドイツのサーキット、ニュルブルクリンク。世界中のクルマ好きにとっては、憧れの場所だが、実はサーキットに併設するレジャー施設に人が集まらず、苦労しているらしい。今回は、そんなニュルブルクリンクの実態に迫ったドイツのTV局のレポートをお送りしよう。

取材によると、レジャー施設の入場者が予想よりも大幅に下回っており、オーナーは、リースの契約金の支払いにさえ困っているという。そのため、現在140人にいる従業員の今後の雇用にも不安が広がっているらしい。地元選出の政治家たちは、「ニュルブルクリンクは投資価値のある施設だ」と、国からの補助金などを求める声もあるということだが、赤字続きではそれもなかなか難しいだろう。ちなみに、今回のレポートでは、レジャー施設内にある世界最速をうたったローラーコースターの設置許可が申請されていないことも明らかになった。

ニュルブルクリンクの存続を願っているファンは数多くいるが、経営状態を見る限り、何らかの手を打たないと、現状を維持するのは難しいのかもしれない。ドイツで報道されたニュース(英語字幕付き)を用意したので、早速チェックしてみよう。




■関連リンク
【レポート】政権交代で、ニュルブルクリンクでのF1開催が困難に

【ビデオ】ニュルブルクリンクが548億円の赤字を抱え、存続の危機に!
【スパイショット】スバル版「FT-86」がニュルブルクリンクでテスト走行!
【捕捉】 rakugakidou.net
【PR】 GT-Rの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!