【リポート】「C63 AMGブラックシリーズ」がニュルで7分46秒の好記録をマーク!
メルセデス・ベンツのスペシャルチューニングモデル「C63 AMGクーペブラックシリーズ」が、ニュルブルクリンクで7分46秒のラップタイムをマークしたと地元ドイツの自動車情報誌『Sport Auto』が報じた。

ブラックシリーズがタイムアタックに挑んだ北コースは世界最長の全長約21kmを誇り、非常に複雑なコースとなっている。そんな厳しい条件がラップタイムに少なからず影響を及ぼす一方で、車両の総合的なパフォーマンスを測定するにはベストな場所だ。

その北コースで"8分の壁"を破ることは、自動車業界において1つの成果とされている。ブラックシリーズのベース車である「C 63 AMG クーペ」の記録が8分01秒だったことを考えると、ブラックシリーズの実力がよくわかるだろう。ちなみに、最近同コースでタイムアタックした新型のポルシェ「911カレラS」の記録は7分44秒。ブラックシリーズを辛くも2秒差で振り切っている。また、BMW「M3」の軽量サーキット仕様である「M3 GTS」は、ブラックシリーズよりわずかに及ばず7分48秒だった。

天候や路面状況、運転するテストドライバーによってタイムが微妙に違ってくることは、もちろんあり得る。しかし、ニュルブクリンク北コースでの記録が、挑戦する車のスポーツ性を明らかにしているということは間違いないだろう。

Related Gallery:Dubuc Super Light Car (SLC) Tomahawk Photos


■関連リンク
「メルセデス・ベンツ SLS AMG」日本発売、価格は2430万円!
【ビデオ】メルセデス・ベンツSLS AMGがガルウィングドアを開けたままスピン!
新型メルセデスベンツ AクラスにAMGバージョンが登場?!
【PR】 AMGの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!