【ビデオ】絶対に真似してはいけない! アクセルを踏み過ぎて起きた悲劇!!
まず初めに言っておくが、これからご紹介するような危険な行為は、絶対に真似しないでほしい。

あるドライバーが、愚かにもフォード「マスタングV6」のメーカー指定の最高速度(性能上、これ以上のスピードは出せないという速度)の180km/hを無視して、200km/hまでアクセルを踏み続けるとどうなるかを実験した。結果、ドライブシャフトが吹き飛ばされ、フロアパンに穴をあけた揚げ句、車体のあちこちに激突して壊滅的な被害を招いてしまった。

最高出力309ps、28.8kgmの3.7リッターV6を搭載するマスタングのドライブシャフトは、高速走行でリッターあたり13kmという燃費重視の設計で、200km/hもの高速走行に耐えられるようには設計されていない。

オートブログにあてられたフォードからのメッセージによると、「マスタングV6」は"燃費とパフォーマンスを追求した究極のモデル"であるとのこと。スピードを求めるのであれば418psのV8「マスタングGT」がお薦めだそうだ。丈夫な2ピースドライブシャフトを備えており、リアアクスルレシオのオプションも豊富な上、制限速度は230km/hとなっている。

問題のドライバーは、V6のドライブトレインが異音を発してからもアクセルを踏み続け、さらに無謀にも3つのメーターを自分で撮影しようとしていた。また動画サイトの説明には、即興のテストコースは"閉鎖された"コースだったとあるが、一般道路のように見えなくもない。ひとまず彼の命に別状がなかったことは幸いだった。くれぐれも冒頭の警告を念頭においてビデオをご覧いただきたい。


Related Gallery:First Drive 2011 Ford Mustang V6 Photos




■関連リンク
マツダのスカイアクティブも選出! 米が選んだ2012年の「ベストエンジンTOP10」
フォード・マスタング「ボス302」のサーキットでの姿を初公開!
【ビデオ】ダニー・トンプソンが時速426kmのマスタングで大クラッシュ! 衝撃の瞬間を紹介
【PR】 マスタングの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!