【ビデオ】トヨタ、期待のFRスポーツ「86」の走行シーンが堪能できるビデオを公開!
トヨタは、来春発売が決まっている新型FRスポーツ「86」の新たなビデオをYouTubeの公式チャンネルで公開した。1965年に発売された「トヨタスポーツ800」とのランデブー走行から、雪道を含む開発時のテスト風景、ニュルブルクリンク耐久レースに参戦したときの映像やサーキットにおけるドリフト走行など、短いながらも盛りだくさんの内容になっている。

今年の東京モーターショーで大注目を浴びたトヨタの「86」は、スバルと共同で開発された2+2シーターのスポーツ・クーペ。200psを発揮するスバル製2.0リッター水平対向エンジンをフロントに搭載して後輪を駆動する、というようなことはもうご存じだろう(詳しいスペック等はこちらの記事をどうぞ)。このクルマ、輸出用も含めて群馬県太田市にあるスバルの工場で生産されるが、企画とデザインは主にトヨタが担当したという。その際、開発コンセプトとして参考にしたのが、トヨタスポーツ800だったそうだ。

トヨタ 86とその兄弟車である「スバル BRZ」がデビューするまで、水平対向エンジンを搭載するFRレイアウトのスポーツカーは、通称「ヨタハチ」と呼ばれるトヨタスポーツ800が世界に唯一の存在だった、とトヨタは言う。つまり、水平対向エンジンといえば現在ではスバルのトレードマークのように思われているけれど、後輪駆動のスポーツカーに使った歴史を持つのはトヨタの方だ、ということをアピールしたかったらしい。日本のメーカーも、新型車のプロモーションに "ヘリテージ" を利用することが出来るようになってきたのだ。



さらにビデオの中程では、「86」という名前の由来になった元祖「ハチロク」こと「AE86」型「カローラ レビン」のイメージ・カットを挟み、21世紀のハチロクがヘアピン・コーナーや雪のテストコースでドリフトを披露。そして後半では舞台をドイツに移し、ニュルブルクリンク・サーキットで開催された耐久レースに参戦したときの映像も登場するなど、トヨタ 86の走行シーンを堪能することが出来る。



なお、来年1月13日から15日まで千葉県の幕張メッセで開催される「東京オートサロン」では、このニュルブルクリンク耐久レース参戦車両が一般公開される予定だ。他にもおそらくトヨタ系チューニング&ドレスアップ・ブランドが手掛けた、東京モーターショーで見たものとは異なる86が出展されるのではないかと期待される。
すでに「モデリスタ」や「TRD」によるエアロ・キットの画像が流出していることもあり、これらの実車が見られるかも知れない。86の購入を考えている方にとっては、東京モーターショーに続いてこちらも見逃せないイベントになりそうだ。

もちろん当オートブログでも詳しくお伝えする予定なので、千葉県なんて遠くて行けないよ、という方も楽しみにお持ちいただきたい。



Related Gallery:Toyota 86 : Tokyo Motor Show
Toyota 86 : Tokyo Motor ShowToyota 86 : Tokyo Motor ShowToyota 86 : Tokyo Motor ShowToyota 86 : Tokyo Motor ShowToyota 86 : Tokyo Motor ShowToyota 86 : Tokyo Motor ShowToyota 86 : Tokyo Motor ShowToyota 86 : Tokyo Motor Show


■関連リンク
【東京モーターショー2011】トヨタ期待の新型スポーツ「86」!スバルとはココが違う!
【ビデオ】トヨタ、「FT-86」改め「86(ハチロク)」を正式公開!
【ビデオ】エンジン音が堪能できる! トヨタ「86」の新プロモーションビデオを公開
トヨタの新型スポーツカー「FT86」、今度は「TRD」によるチューニング・パーツのカタログが流出!?
【PR】トヨタ 86の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!