【ビデオ】「ジュークR」の開発は欧州が勝手に進めた! 日産本社が欧州日産に激怒!!
日産「ジュークR」は、同社が近年手がけたプロジェクトの中で最も魅力的な1台と言えるだろう。だが、日産本社の幹部たちは、ジュークRを開発した欧州日産に腹を立てているらしい。

日産の関係者によると、ジュークRの発表は本社にとって、まさに"寝耳に水"だったという。「ジューク」に「GT-R」のエンジンやパワートレインを移植するというのも、欧州日産がネットに公開したビデオで知ったという役員もいたらしい。しかも、開発チームのメンバーは日産の主要プロジェクトを担当し、世界ツーリングカー選手権や英国ツーリングカー選手権、ル・マン24時間レースなどにもかかわっているスタッフたち。市販予定のないモデルの開発に、日産の技術の粋を集めたGT-Rの心臓部と、そんな優秀なスタッフたちを勝手に使ったことに、本社の幹部には我慢できないのだろう。

とはいえ、ジュークRの誕生は我々にとっては喜ばしい出来事だ。日産本社の幹部も、実際にハンドルを握ってみれば、その素晴らしい仕上がりに渋々ながら同意せざるを得ないのではないだろうか。

では、欧州日産が公開した最新ビデオで、シェイクダウンテストの様子をチェックしてみよう。

Related Gallery:Nissan Juke-R Concept Photos




■関連リンク
【ビデオ】日産「ジューク-R」がついに完成! 外観、室内など詳細が分かるビデオを3本公開

【ビデオ】GT-R+ジューク=「ジュークR」プロジェクト、今回は室内の製作工程を紹介!
「ジューク」に「GT-R」を合体させた「ジュークR」がついに初披露!
【PR】 ジュークRの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!