【東京モーターショー2011】会場で見付けた、スポーツ精神溢れる魅力的なクルマたち!
東京モーターショーで見付けたクルマたちの高解像度ギャラリーは上の画像をクリック

東京モーターショー2011の会場で見付けた、魅力的なクルマをまとめてご紹介しよう。特に今回はスポーツ精神溢れるモデルをセレクトしてみた。

まずは、曙ブレーキのブースに展示されていたスパルタンなスポーツカー「KO.7」。ピニンファリーナのチーフ・デザイナーとして「マセラティ・クワトロポルテ」や「フェラーリ・エンツォ」等を手掛けたケン奥山(奥山清行)氏が、デザインだけでなく、企画・開発・製造にまで拘ったオリジナルのスポーツカーだ。ボディは塗装されることなく、ドライカーボンとアルミニウムが剥き出しとなっている。240psを発揮する2.0リッターの直列4気筒エンジンをミドシップ・マウント。車両重量は750kgしかない。限定99台が、カスタマーの注文に応じてハンドメイドされるそうだ。価格は1950万円から。





シトロエンのブースで一際目を引いたのは、コンパクト・カー「DS3」をモーター・スポーツのイメージで仕上げた、その名も「DS3 レーシング」。世界ラリー選手権で6連覇を達成したシトロエンのモータースポーツ部門「シトロエン・レーシング」がチューニングを担当しているそうだ。



1.6リッター直列4気筒エンジンは、「DS3 Sport Chic」の最高出力156ps/最大トルク24.5kgmから、それぞれ207psと28.0kgmへ大幅アップ。専用チューニングが施されたサスペンションは車高が15mm落とされ、トレッドは30mm拡げられている。内外装にあしらわれたカーボンファイバー製パーツはもちろん、戦闘的なステッカー類もこのまま装着して市販されるそうだ。

価格は360万円。わずか100台の限定販売ですでに残り僅少。まだ買えるかどうかは販売店に問い合わせていただきたいとのこと。





ミニのブースには、発売されたばかりの「MINI クーペ」が展示されている。寝かされたフロント・ガラスと低いルーフ、そして潔く2人乗りと割り切ったファストバック・クーペのスタイルが特徴だ。ハッチバックのMINI に比べ、車高は50mm低い。運転席に座らせていただいたが、通常のMINIとシートもヒップ・ポイントも変わらないというのに、車内はそれほど窮屈な気がしない。少なくとも、外から見るよりは広く感じられる。
「押しボタン式の信号機がある交差点の一番前で停止したとき、(ハッチバックの MINIよりも)信号が見やすい」とはMINI Japanの方が運転したときの感想。



MINIのブースには、市販化されることが決まった「MINI ペースマン コンセプト」や、世界ラリー選手権仕様の「MINI ジョン・クーパー・ワークス WRC」(ただし実戦投入された車両ではなく、レプリカらしい)も展示されていた。



フェラーリやランボルギーニが残念ながら不参加のため、東京モーターショー2011の会場にはミド・エンジンのスーパーカーが不在...と思ったら1台見付けた。アウディが出展している「R8 GT スパイダー」だ。「ランボルギーニ・ガヤルド」譲りのV型10気筒エンジンを搭載するこのジャーマン・スーパーカーは、通常モデルの「R8 スパイダー 5.2 FSI クワトロ」から85kgの軽量化と、35馬力のパワー・アップを果たし、0-100km/h加速3.8秒、最高速度317km/hを記録する。僅か333台の限定生産だ。



だが、それよりもっとレアなアウディが、R8 GT スパイダーの隣に置かれた「R18 TDI」。ゼッケン2番が貼られたこのマシンは、2011年のル・マン24時間レース優勝車である。




ここまでは(主に)市販車だったが、最後にコンセプト・カーを1台ご紹介したい。東レが出展している電気スポーツカー「ティーウェイブ AR1」だ。カーボンファイバーなどの先進素材を車体に使うことで、車両重量は846kgに抑えられたという(その内バッテリーが220kgを占める)。従来のEVに比べると約2/3にまで軽量化されたそうだ。



内外装のデザインや構造設計、製作を担当したのは、イギリスの「ゴードン・マレー・デザイン」。そう、かつてあのマクラーレン最強のF1マシン最速のロードゴーイング・スーパーカーを設計した "鬼才" 、ゴードン・マレー氏である。カーボンファイバーを使ったクルマ作りといえば、この人をおいて他にない、と判断した東レの見識はお見事。

このクルマの製作費は3億円かかったそうだが、東レのカーボンファイバーは今後、超高級スーパーカーだけでなく、一般的な価格帯のクルマで普及を目指すというから将来の展開が楽しみだ。EVもいいが、ロータスあたりと組んだりしたら、さぞかし魅力的なスポーツカーが生まれるのではないか、なんて夢も広がる。



東京モーターショーの開催期間も今週末で終了。予想されたように "エコ" が中心でありながらも、全体的を見ればなかなか華やかなショーになったと思うがいかがだろう?
まだこれから足を運ぼうという方には、これまでオートブログで掲載した記事が会場を見て回る際の一助になれば幸いである。今週末も寒くなりそうなので、ぜひ暖かくしてお出掛けいただきたい。


Related Gallery:Prueba Smart ForTwo (II)


■関連リンク
【ビデオ】シトロエン「DS3レーシング」が英の人気歌姫、ピクシー・ロットのビデオに登場!
スポーティな2人乗りの「MINI クーペ」、正式発表! 日本では300万円を切るか!?
【ビデオ】ドラマチックな展開に目が釘付け! ル・マン2011のハイライトビデオ
【補足】 rakugakidou.net
【PR】スポーティな新型車に買い換えをお考えなら!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!