ノーマルよりかなり速い! スーパーチャージャー仕様の「CR-Z」が発売!!
ホンダの「CR-Z MUGEN RR」が市販されないことが明らかになり、肩を落とした人も多いと思うが悲嘆にくれるのはまだ早い。ホンダUKは先日、無限の欧州法人とタッグを組み、ハイブリッドのハイパフォーマンスモデル「CR-Z iCF」の発売を発表した。今回は、その詳細をご紹介しよう。

搭載されているのは1.5リッター4気筒エンジンで、最高出力は175ps。冷却システムやプログラムを変更したコンピュータとともに、スーパーチャージャーが追加されている。その結果、得られた加速度は0-100kmでなんと6.3秒。標準仕様のCR-Zが約9.9秒なので、3秒以上も短縮した計算だ。

ちなみに、ノーマルのCR-Zの最高出力は124psで、車重1198kgの街乗り用ハイブリッド車としては十分なパワーだ。しかし、50psもアップしたiCFであれば、さらに楽しい走りを満喫できるに違いない。

さらなる詳細はプレスリリース(英語)をどうぞ。

■関連リンク
【レポート】無限が手掛けた「CR-Z MUGEN RR」の市販化はなし!

【ビデオ】オリジナルよりかなり魅力的!? ホンダ「CR-Z MUGEN」試乗レポート
無限ユーロが、今度は200馬力級の「ホンダ・フィット」を構想中!
【PR】 CR-Zの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!