【ビデオ】販売する車のデザインも思い通りに! 米で生まれた自動車会社経営ゲーム
第2次世界大戦後の時代を舞台に自動車会社を経営するというシミュレーションゲーム、『Automation(オートメーション)』。その最新トレーラーが公開された。このゲームは、プレイヤーが社長となり世界各国に自社の車を売り出して市場シェアを拡大するというもの。注目の機能は、販売する車をプレイヤーが思い通りに設計できること。ボディのデザインはもちろん、シャシーやエンジンに至るまで、実際の車も顔負けの細かい設定を行うことが可能だ。

このオートメーションの予約注文を現在、クリエイターを支援するアメリカのサイト、『Rocket Hub』で受け付けている。通常価格は約2300円だが、早期購入すれば約800円お得になる他、特別コンテンツへのアクセス特典も付いてくる。ただし〆切間近なので、興味のある人は急いで欲しい。

ゲームの中でビジネスをどう展開させるかも気になるところだが、"ドリームカー"を一から作ることが出来るというだけで、十分にエキサイティングではないだろうか。早速ビデオをクリックして、車の設計画面を確認してみよう。




■関連リンク
【ビデオ】人気ゲーム、『モーターストーム3』のド派手な最新デモ映像を入手!

【ビデオ】トヨタが超巨大UFOキャッチャーを製作!!!
【ビデオ】フェラーリ「430スクーデリア」のステアリング付き 最新ゲームコントローラー
【PR】 フェラーリの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!