leaky-tanker-covers-pa-turnpike-in-40-miles
ペンシルベニア州で、走行中のタンクローリーから漏れ出した約1万5000~1万8000リットルのタール状の物質が幹線道路にまき散らされるという事故が発生した。

この流出事故で約150台の車が足止めを食ったが、すぐに道路作業員が駆け付け、漏れた物質は速やかに片付けられた。幸いけが人はなく、大きな事故も起きなかったという。なお、この黒いベトベトした物質は最初タールと思われていたが、後に道路保護用のコーティング剤だったことが明らかになった。

事故の原因はトレーラーのバルブ部分の不具合で、そこからコーティング剤が漏れ出たようだ。影響を受けたのは主に右側車線だったが、被害は60km超という広範囲に及んだ。現場を車で通行した人々は、安全に走行できる状態ではないのに、当局がなぜ道路を完全に封鎖しなかったのか疑問に思っていたという。

では、流出事故直後の様子をビデオで確認して欲しい。


■関連リンク
ペンシルベニア州では意外なことに罰金が! はたして、それは何か?

防犯カメラがとらえた、おバカドライバー達のあきれた手口!
【ビデオ】おばあちゃんが車ごとプールに転落! カメラが捉えた一部始終を公開
ちょっとやり過ぎ? 今度はMiuMiuの広告が「無責任」だとして掲載禁止に

【補足】 rakugakidou.net
【PR】 自動車保険一括見積もり