【ビデオ】『トップギア』のジェレミーがプロデュース! 1908年vs 2011年 対決!!
イギリスの車情報番組『Top Gear』でおなじみのジェレミー・クラークソンが特別編集したDVD『Powered UP』から、BMW社製エンジン同士の"超新旧対決"をご紹介しよう。

ドラッグレースの舞台にまず現れたのは、第二次世界大戦で使用されたBMW社製の戦闘機エンジン、46リッターV型12気筒「ブルータス」を搭載した弾丸のような車。シャシーはアメリカン・ラ・フランス社製で、なんともかぼそいタイヤが頼りなく見えるが、500kg超の重量がある「ブルータス」の最高出力は500psを超えている。

対するはBMWの「1シリーズMクーペ」。100年以上前のエンジンを積んだ車が、最新のホットハッチに勝てるとは誰も思わないかもしれないが、チェーン駆動式で火を吐きながら巨体を押し進める弾丸車の姿は、さっそうとコースを走り抜ける洗練されたスポーツカーよりも、人の心を引きつけるかもしれない。早速ビデオをチェックしてみよう。

Related Gallery:2011 BMW 1 Series M Coupe First Drive Photos




■関連リンク
【スパイショット】BMWが新しい小型MPVを開発中!

【ビデオ】互角の性能を持ったアウディ「RS3」とBMW「1シリーズMクーペ」がゼロヨン対決!
【スパイショット】BMW 1シリーズMクーペのインテリアを激写!
【PR】 1シリーズMクーペの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!