【LAショー2011】デビュー前に既に完売! ジャガー「XKR-S コンバーチブル」
16日に米国で開幕したLAオートショーで、今年発売された「XKR-Sクーペ」のコンバーチブルモデル、「XKR-Sコンバーチブル」がワールドプレミアを飾った。

ジャガーの新しいフラッグシップコンバーチブルは、最高出力558ps、最大トルク69kgmを誇る5.0リッターV8を搭載。パドルシフト付き6速オートマチックで、0-100km/h加速はわずか4.2秒。最高時速300kmはXKシリーズの中でもトップレベルだ。

スプリッター、サイドシル、リアアンダースポイラーなどのエアロパーツはカーボンファイバー製。ボタンを押せば、わずか18秒で自動開閉する布製のルーフも備えられている。

気になる価格は現在のところ決定していないが1000万円を優に超すはずだ。しかし、予定販売台数の25台はワールドプレミアを前にすでに完売となっている。世界最速のコンバーチブルGTを、ぜひギャラリーでチェックしていただきたい。

Related Gallery:Mercedes-Benz ConceptFASCINATION


■関連リンク
【LAショー2011】ジャガーの新型ハブリッドスポーツカー「C-X16」が市販デザインで登場

「最も好きな英国のスポーツカー」投票で1位に選ばれたのは、エンツォも認めたあのクルマ
サーブの販売部門トップがジャガーへと電撃移籍?!
【PR】 ジャガーの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!