jaguar-c-x16
今年9月にフランクフルトモーターショーでデビューを飾ったジャガー「C-X16コンセプト」。その市販モデルが、米ロサンゼルスで公開された。このイベントに出席したジャガーのデザインディレクター、イアン・カラム氏は、まもなく市販モデルの生産に着手することを明らかにした。

C-X16コンセプトは、60~70年代半ばにかけて販売されたジャガー「Eタイプ」のスタイルを受け継ぎながらも、現代的なデザインを取り入れたツーシーター・スポーツカー。パワートレインにはスーパーチャージャー付き3.0リッターV6エンジンと電動モーターを搭載し、トランスミッションには8速ATを採用している。エネルギー回生システムを使用した時の最大出力は475psで最大トルクは69.8kgmを発揮する。0-100km/hは4.4秒、最高時速は300kmというから驚きだ。

しかしながら、F1で使用されている「KERS」のようなハイブリッド・ブースト機能が、市販モデルに搭載されるかは疑問が残る。その他にも、Eタイプと同じ横開き式リアハッチやカーボンファイバー製のレーシングシートなどもコンセプトカーのみの仕様になる可能性が高い。

では、高解像度ギャラリーをクリックして、新色のパールホワイトをまとったC-X16コンセプトの画像をご覧いただきたい。

Related Gallery:Jaguar C-X16 Concept LA 2011 Photos


■関連リンク
ジョージアの缶コーヒーを買うと、ジャガー&ランドローバーのミニカーが付いてくる!
【ビデオ】コンセプトカー?市販の予定アリ?ジャガー C-X16の正体とは!?
【フランクフルトショー2011】ジャガー、新世代スポーツカー「C-X16」を発表!ビデオも公開!
【捕捉】 rakugakidou.net
自動車保険の一括見積もりはこちらから!