construction-on-austins-circuit
来年、テキサス州オースティンで開催される予定のF1アメリカGP。何かと悲観的な報道が続いているが、今回はさらに、会場となるサーキット・オブ・ジ・アメリカズの建設工事が中断したというニュースが飛び込んできた。

この新しいサーキットは、アメリカの地でF1レースが再開されるという大きな期待のもと、建設が進められてきた。しかし、F1の最高権威者であるバーニー・エクレストンがアメリカGP自体の計画に疑問を投げかけたため、工事は急遽中断という事態に陥ってしまったのだ。

サーキット側によると、中断の原因はレースのプロモーターであるフル・スロットル・プロダクション社が、FIAやMotoGPとまだ正式な契約を交わしていないためだという。ちなみにこの問題が片付くまでは、サーキットの建設作業員約300名も自宅待機となっている。

とにかく我々は、早くこの問題が解決することを願ってやまない。そうでなければ、アメリカでのF1レースは2013年にニュージャージーで開催予定のグランプリ・オブ・アメリカまでお預けとなってしまう。このニュースの詳細を知りたい方は、プレスレリース(英語)をどうぞ。

■関連リンク
【ビデオ】F1テキサス開催に興奮したクルサードがF1をオフロードに持ち込む!?

新たに追加されたF1アメリカGPは来年6月17日に開催!
【ビデオ】F1アメリカGP開催サーキットのプロモビデオが完成!
F1アメリカGPのロケーションが公開!
【PR】 自動車保険一括見積もり