【ビデオ】スピン後にサイドから激突 今度はアルゼンチンでレーサーが死亡
またもやモータースポーツ界が悲しみのベールに包まれた。今週日曜日、アルゼンチンで行なわれたレース、「ツーリスモ・カレテラ」の最終ラップで、若手人気ドライバーのグィド・ファラスチ(22)がクラッシュに巻き込まれて死亡した。

ファラスチは周回遅れのマシンを避けようとしてコントロールを失い、タイヤガードに激突。続けて別のマシンに追突された彼のフォードファルコンは、その反動でコース中央へ。さらに砂ぼこりで視界が悪くなったところに、今度は後続車のネストール・ヒロラミが運転するマシンにサイドから突っ込まれた。ファラスチの死はその日のうちに発表され、同じく病院に搬送されたヒロラミは現在、回復に向かっているという。

クラッシュの様子を収めたビデオをご用意したが、画像が鮮明なので一部の方には衝撃が強すぎるかもしれない。ファラスチのご冥福を心からお祈りしたい。



■関連リンク
【ビデオ】MotoGPのライダーがマレーシアGPで死亡 事故時の映像を検証

【ビデオ】元王者が死亡し、史上最悪となったレースを映像で振り返る
事故死した富沢祥也選手の生い立ちを紹介
【PR】 自動車保険一括見積もり