水害やサバイバルにも対応!? 超タフな豪限定「ランドクルーザーGX」
快適な乗り心地とタフさで世界的に人気のトヨタ「ランドクルーザー」。そんなランクルにより過酷な状況下でも安心して使用できる、「ランドクルーザーGX」が追加された。

早速、特徴を見てみよう。フロアはビニール張り、バックドアは中央から左右に開くタイプで、ホイールは17インチのスチール製。中でもユニークなのが、付属のシュノーケルだ。GXは川や沼を渡る際などに、車両が水中あっても、このシューケルからエアを取り入れ、エンジンを動かすことを可能にしている。

もちろん、目玉は水中対策だけではない。4.5リッターのV8ツインターボディーゼルエンジンを搭載し、広大な荒野の走行を想定したサブ燃料タンクや、アンダーボディプロテクションも装備している。詳細はGXを発売したトヨタのオーストラリア法人からのプレスリリース(英語)をどうぞ。

Related Gallery:BMW Z4 Art Car


■関連リンク
【ビデオ】NASCARと普通のレースってそんなに違う!? チャンピオンがあまりの恐怖に絶叫!

【ビデオ】ディーゼルトラックのマフラーに顔を突っ込むとどうなるか...
【MSJ2011】ガルウイングのトヨタ車を、「ランチア・ストラトス」風のアリタリア・カラーに!
【PR】 ランドクルーザーGの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!