ランボルギーニ
の「ガヤルド」には2003年に発表されて以来、数多くの派生モデルが誕生してきた。そして今回、その仲間に加わると予想されているのが、ガヤルド最後にして最良と噂される「LP550-2 スパイダー」だ。


パワートレインは、「バルボーニ・エディション」と同じ550ps、5.2リッターV10エンジンを搭載。スタンダードモデル(560ps)よりもパワーは多少落ちるものの、車重の軽さや後輪駆動方式はより満足のゆく走りを約束してくれるだろう。そして、その最大の特徴は、"スパイダー"の名が示すとおり、オープンカーであることだ。今のところ、これ以上のことは分かっていないが、2012年にも販売が開始されるとの情報もある。

風をきって走るこのオープンカーの姿を早く見たいものだ。その日が来るまで、ギャラリーの写真で我慢しよう。

Related Gallery:Lamborghini Gallardo LP560-4 Spyder Photos


関連リンク
ダイハツ、軽自動車規格のスポーツカー「D-X」などを東京モーターショーに出展!

【SEMA】マツダ「ロードスター」にスパイダー登場、さらに「デミオ」のターボモデルも!
パッガーニ・ゾンダ F ロードスターの最終生産モデル!!!
【PR】 LP550-2 スパイダーの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!