watch-this-lamborghini-gallardo
今年2年目を迎えたラリーレース、「タルガ・ハイカントリー」。先日行われたこのレースで、ランボルギーニ「ガヤルド」がその底力を見せつけてくれた。

ジェイソン&ジョン・ホワイトチームのガヤルドは、スタートでライバルの日産GT-Rに4秒差をつけられたものの、すさまじい追い上げを見せ、首位争いを繰り広げていた。しかし、レース中盤で、ガヤルドの後部から火の手が上がってしまう。観客や関係者の誰もが、勝利をあきらめかけた中、なんとチームはそのままレースを続行。火を噴きながら疾走するガヤルドは、見事、トニー・クイン率いるGT-Rに10秒差をつけてレースを制した。下手をするとガヤルドは完全に大破してしまうところだったが、消防隊がすぐに火を消し止め、無事、事なきを得た。

ファイティングスピリットあふれるレースの模様をぜひビデオで確かめてほしい。





関連リンク
缶コーヒー「ボス」を買うと、ランボルギーニのミニカーが付いてくる!

ランボルギーニ ガヤルドが1万台を突破
【ビデオ】「ガヤルド」「SLK」「フェアレディZ」を次々と飛び越える超ジャンプ男!
【捕捉】 trial-ex.com
【PR】 ガヤルドの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!