EV版「ビート」!? ホンダ、東京モーターショーに小型EVスポーツやPHVなどのコンセプトカーを出展
ホンダが東京モーターショーに出品する車両の高解像度ギャラリーは上の画像をクリック

ホンダは10日、東京モーターショー2011の出展概要について発表した。単独ブランドとしては最大面積になるというブースに、展示予定車両は2輪、3輪、4輪と多岐に亘るが、ここではやはり4輪車を中心にご紹介しよう。

オートブログ的に最も注目したいモデルは、今のところまだデザイン画しか公開されず、名前にも「(仮称)」という文字が付く「スモールスポーツ EVコンセプト」。ホンダによれば「走る楽しみを最大限に具現化しながら、高い環境性能を備えた次世代EVスポーツモデル」であるという。どうやら、コンパクトなオープントップのスポーツカーで、EVというからには電気自動車らしいのだが、問題はこれが、噂されている「ビート」後継車のデザインを示唆するものなのかどうか、ということ。

「スモールスポーツEVコンセプト(仮称)」

グリルとライトがT字に組み組み合わされる顔つきは、まさに "現代のホンダ・デザイン" だが、サイドに回り込んだヘッドライトとボンネットの接合部のラインが、フロント・フェンダーを斜めに突き抜け、ドアのプレスラインに続くところなど、かつてのビートを彷彿させる。ミドシップのビートではリア・フェンダーにエア・インテークが開けられていたが、スモールスポーツ EVコンセプトでは逆に、フロント・フェンダーにエア・アウトレットが開いているようだ。



果たしてこれは「EV版ビート(の後継車)」なのか、それとも市販されるときには小排気量エンジン、もしくはそれプラス、ハイブリッド・システムを搭載して登場することになるのだろうか。あるいは単なるショー・カーに過ぎず、ビート後継車と噂される開発中のコンパクト・スポーツカーとは無関係なのか。この実に興味深い "コンセプトカー" 、会場で実物に対面するのが最も楽しみなホンダ車である。

プラグイン・ハイブリッドカー「AC-X」

それから、実はどうやらこちらがホンダの「イチ押し」らしいのだが、「AC-X」と名付けられたプラグイン・ハイブリッドカーも出展される。
空力性能の高そうな4ドア・セダンのボディには、95kW(129ps)の1.6リッターガソリン・エンジンと、120kW(163ps)というハイ・パワーな電気モーターを搭載。ハイブリッドと言っても、「インサイト」のモーターより約10倍も出力の大きなモーターが採用されていることから分かるように、このAC-Xでは、モーターはエンジンをアシストするだけに留まらない。コンセントから充電しておいたバッテリーで走行する電気自動車にもなるし、アグレッシブに走りたいときはエンジン走行モードを選ぶことも可能。電気自動車の弱点である航続距離を大幅に伸ばすことができ、また従来のハイブリッドカーより格段に燃費を向上させることもできる。しかも「自動運転機能」まで付いているそうだ。



その他、ホンダ・ブースには、最近大流行のコンセプトでもある、都市向け近距離用超小型電気自動車「マイクロ・コミューター・コンセプト」や、それに搭載可能という現代版「モトコンポ」と言えそうな、折り畳み可能な小型電動2輪車「モーター・コンポ」、そして同じく2輪からは「スーパースポーツバイクをEV化し、走りの歓びを追求」したという「RC-E」などが出展される予定だ。

「マイクロ・コミューター・コンセプト」
(左)「RC-E」 (右)「モーター・コンポ」

ホンダは今回のモーターショーで、『にんげんの気持ちいいってなんだろう』をブース・コンセプトに、「ホンダが思い描く、ドキドキ、ワクワクする未来のモビリティーライフを提案」するという。
乗ってみなければ「気持ちいい」かどうかは分からないが、それは今のところ取り敢えず置いておくとして、まずは「ドキドキ、ワクワク」するかどうか、会場で確かめてみようではないか。


Related Gallery:Honda: Tokyo Motor Show 2011


関連リンク
―【噂】ホンダ、「ビート」の後継となる小型スポーツを2013年に発売!?
―【ビデオ】ほぼ最終形!? ホンダの新型「CR-V」コンセプトが米オートショーでデビュー
―【レポート】ホンダ社長が「NSX」後継車の開発を明言!
ホンダの新型車購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!