34-car-uk-pileup-kills-seven
イギリス南西部トーントン近郊の高速道路M5で今月4日夜、自動車やトラック34台を巻き込んだ玉突き事故が起きた。BBCニュースによれば、その後の警察の調査で、事故現場近くのトーントン・ラグビークラブが開催した花火大会が事故の原因だった可能性があるという。

警察によると、事故時は花火大会で発生した大量の煙が高速道路を覆い、視界が悪くなっていたという。警察は現在、この花火大会が許可された経緯などを調査中で、同クラブは調査に協力している。

大火災を伴った今回の事故で、7人が死亡、51人が負傷し、そのうち42人が近くの病院へ運ばれた。事故に巻き込まれた車両はすべて現場から片づけられたが、道路上に漏れたガソリンによる火災のため、道路の表面が破損しているという。

イギリス国内では、同じく高速道路で51台を巻き込み、10人が死亡した91年3月の事故以来の大きな事故となった。AP通信が事故直後の様子をビデオで伝えているので、その映像を確認してほしい。

関連リンク
【レポート】テスラが『トップギア』を名誉棄損で訴えていた裁判で番組側が勝訴!

ジョージアの缶コーヒーを買うと、ジャガー&ランドローバーのミニカーが付いてくる!
歴代ボンドカーを一挙公開! 中には意外な車も
【PR】 自動車保険一括見積もり