【レポート】来季から3チームが名称を変更!  
今季のF1では、伝統ある"ロータス"の名を冠したチームが2つ存在するという紛らわしい事態になっていたが、来季からそれぞれ新しい名称に変更することをFIAが承認し、ロータスの名称を巡る争いに終止符が打たれることになった。

まず、マレーシアの実業家、トニー・フェルナンデスが代表を務めるチーム・ロータスは、最近ケータハムを買収していることから、2012年のチーム名を「ケータハム」と変更する。一方、イギリスのスポーツメーカーであるロータス・グループが率いるロータス・ルノーGPは、来季のチーム名を「ロータス」とするようだ。

これにより、ルノーはいずれのチーム名からも姿を消すことになったが、来季はロータス、ケータハム、ウィリアムズ、そしてワールドチャンピオンに輝いたレッドブル・レーシングのエンジンサプライアーとして活躍することになる。

これに加え、ヴァージン・レーシングが「マルシャ」に変更を申請。上記2チームとあわせ、計3チームが2012年シーズンに向けて名称の変更を明らかにしている。

関連リンク
【レポート】インドGPでF1トラックに野良犬が侵入! ブルーノ・セナが苦言

【ビデオ】これがF1ドライバー視線!元F1ドライバーがサーキットを攻める!
トム・クルーズがレッドブルのF1マシンをテストドライブ! 驚きのラップタイムを記録!!
【PR】 自動車保険の一括見積もりはこちらから!