【レポート】駐車違反の罰金が340万円! 取り締まられたのはローマ時代!?
事務手続きの小さなミスが引き起こした珍事をご紹介しよう。イタリアのシチリアに住む夫婦に届いたのは、文字通り目玉が飛び出るような駐車違反の反則金の請求書。その額は、利子と遅延金を合わせ、なんと約340万円だったという。あまりにも高額な請求に妻はその場でめまいを訴え、病院に運ばれてしまったとか。

それにしても、なぜこんな金額になってしまったのか? 違反切符をよく見ると、夫婦が駐禁の取り締まりにあったのは西暦208年のローマ時代になっていた。もちろん、これは2008年の間違い。地元警察は金額を約1万円に訂正し、夫婦は無事、反則金を支払ったそうだ。

関連リンク
【ビデオ】トヨタが超巨大UFOキャッチャーを製作!!!

【ビデオ】ドラッグレース中に起きたまさかのハプニング!

【ビデオ】高速道路走行中にバンド活動!?ロシアのクレイジーな若者たち!

【捕捉】 rakugakidou.net 街の灯
【PR】 自動車保険一括見積もり