トヨタの新型スポーツ「FT-86」の販売用資料が流出!? 記載された装備やスペック、その真偽は!?
来年発売が予定されているトヨタスバルの共同開発スポーツカー「FT-86」の、販売用資料と思われる書類の画像がファンサイト「FT-86CLUB」のフォーラムに掲載された。これが "本物" なら、そのグレード体系やスペックなどのほとんどが明らかになったことになる。真偽については各人の判断にお任せするとして、取り敢えずその内容をご紹介しよう。

その資料によると、トヨタが販売するFT-86のグレードは、大きく分けて3種類用意されるようだ。

まず、標準グレードは16インチ・アルミホイールに205/55R16サイズのタイヤを履き、エアコンはマニュアル、6速MT・6速ATともにウレタン製シフト・ノブが付く。また、ヘッドライトはハロゲンランプで、ステアリング・ホイールはウレタン製が装着されるが、これらはオプションでLEDクリアランス・ランプおよびコンライト(自動点灯/消灯機能)付きディスチャージ・ヘッドライトや、本革巻きステアリングに変更することが可能。アルミ・ペダルとアルミ・フットレストもオプションとなる。FT-86は全グレードでオーディオが標準装備されないが、スピーカーはラインで生産されたときに取り付けられており、この標準グレードではそれが2個。LSDはMT仕様車だけに装備される。内装はブラックのみだ。

上級グレードでは、アルミホイールが17インチになり、タイヤは215/45R17と太くなる。標準グレードでオプションとされている装備は全て搭載された上、フルオート・エアコン、スマートエントリー&スタートシステム、フロント・フォグランプ、プライバシー・ガラス、オート・アラーム、ステンレス製ドア・スカッフプレート、カーボン調インパネ化粧パネル、ニーパッド、メッキ・ドアハンドル、ドア・カーテシランプ等が装備される。ブレーキも、フロントに加えてリアにもベンチレーテッド・ディスクが採用され(標準グレードはソリッド・ディスク)、スピーカーの数は5個に増える。AT仕様車にはパドル・シフトが付き、LSDも装備されるようだ。

また、内装のトリムはシート生地によって2種類に分けられ、「タイプA」ではブラック基調に赤のスティッチ入り。「タイプB」はブラックで統一されたものと、シート座面・背もたれに赤を配した黒/赤2トーンの2パターンが用意される。赤/黒2トーン・タイプの内装では、ステアリング・ホイールの握りの部分やシフト・ノブ、サイド・ブレーキ・レバー、ドア・ハンドルなども赤になるようだ。

さらにこの上級グレードには、パッケージ・オプションというものが存在し、こちらを選べばシート表皮が本革とアルカンターラのコンビネーションになり、シートヒーターも装備される。このパッケージには、リア・スポイラーとリア・フォグランプが含まれるという。

上級グレードではタコメーターも標準グレードとは異なり、盤面がホワイトでREVインジケーターとデジタル表示スピードメーターが付いたタイプになる。

FT-86には、これら「標準」と「上級」の他に、「競技用ベース車」と噂されていた「カスタマイズ・グレード」というものが用意されるそうで、こちらは前後バンパーが無塗装となり、16インチ・ホイールもスチール製となる。エアコン、スピーカーは一切装備されない(ヒーターは付く)。安価な値付けが期待できるが、街乗りとして使うにはスパルタンに過ぎるかも。

各グレード共通のボディ・サイズは、全長4,240mm × 全幅1,775mm × 全高1,285mm。ホイールベースは2,570mmで、トレッドは前1,520mm/後1,540mmとなる。
車両重量は標準グレードのMT仕様が1,210kg、AT仕様が1,230kg。上級グレードではそれより20kgずつ重くなる。カスタマイズ・グレードは装備が省略されている分やや軽く1,190kgとなる。

スバル製水平対向4気筒エンジンのスペックも全グレード共通で、1,998ccの排気量から200psの最高出力を7,000回転で、20.9kgmの最大トルクを6,600回転で発生する。燃料は無鉛プレミアム指定だ。JC08モード燃費もすでに記載されており、標準グレードがMTで13.0km/リッター、ATは12.8km/リッター。上級グレードではMT・ATともに12.4km/リッターとなり、カスタマイズ・グレードは13.4km/リッターとなる。

ボディ・カラーはサテンホワイトパール(メーカー・オプション)、スターリングシルバーメタリック、ダークグレーメタリック、クリスタルブラックシリカ、ライトニングレッド、オレンジメタリック、ギャラクシーブルーシリカの7色が用意されるとか。

赤いFT-86、黒いFT-86II、CG処理で青くしたFT-86II。参考までに。

最近流出したカタログ画像(実車の写真ではなく、公式に製作されたCG画像のようだが)を含め、これで正式発表前にほぼ全体が明らかになっ(てしまっ)たFT-86。あと我々が知りたいのは "価格" と "車名"。噂ではカスタマイズ・グレードで200万円以下、車名には「86」の名前が使われる可能性もある、なんてことも言われているようだ。

注意していただきたいのは、上記のスペック・装備などについては、トヨタから正式に発表されたものではなく、発売までに変更される可能性もあるし、そもそもこの「流出した販売用資料」の真偽についても不明であるということ。あくまでも「噂として、参考までに」お読みいただければ幸いである。その真偽・変更について、オートブログでは一切責任を持てないので悪しからずご了承いただきたい。

もっとも、もし本気で購入を考えているのであれば、販売店に出向けばセールス担当者から「色々と」話が聞けるかも知れないので、ぜひお近くのトヨタ・ディーラーまで足を運んでみることをお勧めしたい。

流出したと販売用資料と思しき書類の画像は、以下のギャラリーから。

Related Gallery:BMW X6 ActiveHybrid Concept


【Source: FT-86CLUB

これまでにお届けしたFT-86関連の記事はこちら


関連リンク
―【速報】トヨタ「FT-86」のカタログが流出!?
―【スパイショット】発表前の「トヨタ FT-86」が、擬装も軽くなってレースに参戦!
―【フランクフルトショー2011】トヨタの「FT-86 II」はボディカラーと足元に注目!

FT-86の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!