lexus-shows-off-glut-of-sema
レクサスは、11月1日からラスベガスで開幕するSEMAショーに、9台のカスタムカーを出展すると発表した。この中には新型「GS350」の「Fスポーツ」をはじめ、Five Axis(ファイブ・アクシス)VIPオートサロン、JTグレイレーシングといった、そうそうたるチューナーが手がけた素晴らしいカスタムカーが顔をそろえている

まず、ファイブ・アクシスが披露するのは今年2月にシカゴオートショーで公開した「CT200h」と、新型GSの「Fスポーツパッケージ(写真上)」の2台だ。特にGSは、ワイドボディ化やカスタムペイントに加え、StopTech社製ブレーキとAirRunner社製エアサスペンションが採用され、カッコよさと足回りの強化が図られている。

一方、VIPオートサロンはコンバーチブルタイプの「IS 350C」を出展。こちらはカーボンファイバー製のエアロパーツに、パワーエンタープライズ社製スーパーチャージャーキットを装備して最高速の向上を目指している。

一番の注目株は、JTグレイレーシングが手がけたレクサス「LX 570」だ。このモンスターマシンの画像は残念ながら未入手だが、本格的なオフロードレース仕様となっているようだ。BFグッドリッチタイヤ社製の37インチタイヤに17インチのカスタムホイールを装備し、数多くのライトが取り付けられ、シートはスパルコ社製のレーサータイプを採用している。ラグジュアリーSUV好きな我々としては、実物を目にするのが待ち遠しい限りだ。

SEMAショーの開幕まであと数日。ここでは紹介しきれなかった他のカスタムカーの詳細をプレスリリース(英文)で確認しながら、レポートを楽しみにしていて欲しい。

Related Gallery:Prueba: SsangYong Rodius 2.7Xdi AWD Limited Aut.


関連リンク
【ビデオ】ヒルクライムを駆け上る「レクサス LFA ニュル」の車載カメラ映像!

【ビデオ】これが次期型「GS」!? レクサス、コンセプトカー「LF-Gh」を公開!
レクサスから、プレミアムでコンパクトなハイブリッド車「CT200h」が発売!
【PR】 自動車保険一括見積もり