【ビデオ】カダフィ大佐を追い詰めた!? 反政府軍のハンドメイド装甲車!
元最高指導者カダフィ大佐の死亡により、独裁政権が終焉を迎えたリビア。そんなリビアで反カダフィ勢力として戦った兵士たちが、なにやら巨大な鉄の塊の前でポーズをとっている。なんとその塊は、ブルドーザーを改造したハンドメイドの装甲車らしい。

3色に彩られたその姿に、ブルドーザーの面影はなく、すっかり装甲車として生まれ変わっている。車体には、コンクリートで補強されたスチール板が取り付けられ、銃や対戦車ミサイルを撃てるようにボディにはいくつもの穴があけられている。

カダフィ大佐の故郷であり、最後の戦闘の舞台となったシルトで、この装甲車は敵の狙撃から兵士を守り、バリケードを打ち破るなど活躍したという。さっそく、この巨大な英雄をビデオで見てみよう。




関連リンク
【レポート】ぜひ市販化して欲しい! カダフィ大佐がオーダーしたEVの「フィアット500」

トヨタ「ハイラックス」が紛争地域で人気の理由は?
【ビデオ】トヨタ「ハイラックス」のタフさを宣伝するCMを3本紹介!
【PR】 装甲車の購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!