【ビデオ】自動運転ができる車の発売は目前!? Googleが実験中の無人カ―最新レポート
Googleの共同創設者サーゲイ・ブリン氏は先週、Web 2.0サミットに登場し、Googleが開発している無人自動車の次の目標は、ドライバーの操作を全く受けずに160万kmを走行することだと語った。


無人自動車はこれまでトータルで25万kmの走行に成功しているが、テスト中の安全面を考慮し、ドライバーやソフトエンジニアたちが車の操作をわずかだが行っていた。しかしGoogleは、これからのテストでは、そういった人的操作を全く行うことなく進めていきたいと語っている。また最近、無人自動車の1台が接触事故を起こしたと報じられたが、同社はソフトウェアの異常ではなく乗車していたドライバーの人為的ミスによるものだと発表している。

Googleは将来的に無人自動車が日常生活に溶け込むところまで実現させたいとしているが、ブリン氏はまだ多くの研究開発が必要だという。無人自動車への信頼性を高めた上で、自動運転技術を製品化したいと考えているようだ。詳しくはビデオ(英語)を見てチェックしてほしい。



関連リンク
グーグル幹部があわや交通事故に!救ったのはメルセデス・ベンツSクラス!

【レポート】「Googleストリートビュー」が震災被災地の復興の手助けに
【レポート】連邦裁判所がグーグルのストリートビューはプライバシーの侵害と認定!
【PR】 事故に備えて安心!自動車保険一括見積もりはこちらから!