走行中の車体下で、何が起こっているのか見てみたいと思ったことはないだろうか? 我々は以前、オートクロスドラッグレースに参加しているマシンのサスペンションの動きをとらえた興味深いビデオを取り上げた。今回はその第3弾として、サーキットを舞台にした映像をお届けしよう。

映像には、アメリカ、ウィスコンシン州のサーキットでブレーキやターンを繰り返すマシンのフロントタイヤの様子が、鮮明に映し出されている。

撮影に使用されたのは、アメリカのレーシングドライバー、Lee Alexanderがハンドルを握る「Radical Ventures Stohr DSR」というレーシングマシン。彼のマシンのサスペンション部に超小型ビデオカメラを取り付け、走行中のタイヤ周辺の撮影を行った。映像からはブレーキやターンのたびに、タイヤが変形し、ブレーキローターが熱を帯びて光る様子が見て取れる。この滅多に見られない貴重な映像を、ぜひご自身の目でチェックしてほしい。



関連リンク
【ビデオ】カーマニアの心をくすぐるサスペンション映像!

【ビデオ】大好評のカーマニアの心をくすぐる映像、第2弾!
【レポート】価格は700万円前後? あのデロリアンがEVとして2013年に復活!
【PR】 事故は怖い!そんなあなたに自動車保険一括見積もり