【レポート】テスラが『トップギア』を名誉棄損で訴えていた裁判で番組側が勝訴!
2008年に放映されたテスラ「ロードスター」のレビューを巡り、イギリスの人気番組『トップギア』と番組を放送するBBCを訴えていた米EVメーカーのテスラモーターズに対し、先日ロンドンの裁判所が同番組の放映内容は名誉毀損には当たらないとの判定を下した。

今回の訴訟は、『トップギア』が番組内でテスラ社のロードスターを"実生活には不向き"と結論づけたことが要因だが、担当判事はこれを『トップギア』という娯楽番組の特質によるものと判断した。

判事は、同番組が明らかに一般道と異なるトラックや特殊な走行スタイルをテストに採用していることから、「公道上で普通に車を使用した場合の結果とは考えにくく、視聴者に誤った情報を与えたとは言えない」と述べた。

この判決は10月19日に口頭で言い渡されたが、これで泥沼の訴訟が完全に終わったわけではない。テスラは放映されたコメント計5件に対してBBCを提訴しており、すべての判決が言い渡されるにはさらに数週間かかりそうだ。

関連リンク
【ビデオ】テスラからの起訴に『トップギア』プロデューサーが初の反論!
【レポート】EVメーカー、テスラの社長と有名記者が新モデルを巡って7000万円の賭け
【ビデオ】テスト中のテスラ「モデルS」の動画を入手! テストドライバーの感想は?
【捕捉】 rakugakidou.net henjinkutsu.net
- 自動車保険一括見積もり