genty-akylone-joins-the-glorious
華麗なスーパーカーの条件とは、発音しにくい名前であることなのかもしれない。ブガッティヴェイロンを発表した時、多くの人が同車の名前の発音に苦労した。ケーニグセグもしかり、最近ではパガーニ・ウアイラなどもそうだろう。ランボルギーニアベンタドールを公開した際も、ムラシエラゴよりは多少発音しやすいとはいえ、すぐに馴染める名称ではなかった。そして今回ご紹介する「Akylone」(読み方は不明)も、その一つと言えるだろう。

Akyloneはフランスの新興自動車メーカーGenty社が発表したスーパーカー。実物はまだ存在しないが、4.8リッターV8ツインターボエンジンと、7速シーケンシャルトランスミッションが搭載される予定だ。同車の最高出力は1000psを超えるそうで、0-100km/hは2.7秒、最高速度は354km/hと発表されている。

車両重量は約1100kgとかなり軽量で、カーボンファイバーおよびアルミのシャシーが採用されたボディは、GT-Rやケーニグセグを連想させる形状だ。

Genty社は15台のAkyloneを生産する予定だが、それが実現するかどうかはオーダーの数によるらしい。価格がケタ外れの金額になることは間違いないので、もしかすると実物を見ることができない可能性もある。だがもし生産が実現しなくても、ギャラリーにアップしたレンダリングとビデオで、思う存分このスーパーカーをお楽しみいただきたい。

Related Gallery:Detroit 2010: Fiat 500 BEV y Abarth 500 SS




関連リンク
世界一美しいガソリンスタンドがイタリアにオープン!
【レポート】これはカッコいい! 間もなく正式発表のポーランドのスーパーカー
【ビデオ】珍事! オバマ大統領のリムジンが立ち往生!!
【PR】 自動車保険一括見積もり