『007』新作にも登場!? 超豪華なアストンマーティンのスピードボートが登場!
ジェームズ・ボンドは映画の中で、数々の高級車を乗り回しているが、ボンドカーといえば、やはりアストンマーティンだろう。しかし、ボンドが操るのは車だけではない。ホバークラフトに潜水艦、サンシーカー製の高速ボートからメガヨットに至るまで、実に様々な船が登場する。そこで今回、ボンドにぴったりのアストンマーティンのコンセプトボートが発表されたのでご紹介しよう。

「Voyage(ヴォヤージュ)」と名付けられた全長約17メートルのボートは、いくつものスポーツボートを手掛けてきた有名な造船技師、Luiz de Basto氏の手によるもの。ボートの名前も「ヴァンテージ」、「ヴィラージュ」、「ヴァンキッシュ」、「ヴォランテ」といった「V」から始まるアストンマーティンの系統をしっかりと受け継いでいる。もちろん、Voyageとアストンマーティンの類似点は名前だけではない。Basto氏自身もアストンマーティンを所有しているだけあって、船体の随所に車の影響が表れている。例えばグリルをイメージしてデザインされたウィンドシールドはもちろん、側面にはサイドベントまであるのだ。

Voyageは単にアストンマーティンから影響を受けただけのボートではなく、これはまさに水上のアストンマーティンと言えるだろう。Voyageが市販化される予定はいまのところないらしいが、ダニエル・クレイグがこのボートに飛び乗り、サントロペかモンテカルロあたりを航行する姿をぜひ目にしてみたいものだ。その日が来ることを夢見て、今はデザイン画やプレスリリース(英語)でイメージをふくらまそうではないか。

Related Gallery:Aston Martin Voyage 55' boat concept by Luiz de Basto Photos


関連リンク
【フランクフルトショー2011】アストンマーチンの「DBSカーボンエディション」
【レポート】インド政府が『007』最新作の1シーンに変更を依頼

ボンドカー「アストンマーティンDB5」がオークションに! 価格は約4億6千万円以上?
歴代ボンドカーを一挙公開! 中には意外な車も
- 自動車保険一括見積もり