走行わずか3万5000キロ、ピカピカの初代「MR2」がオークションに!
トヨタ「MR2」は、走りの楽しさを若者に教えてくれた車だった。しかし手ごろな価格が災いしたのか、乗り方が荒く、メンテナンスを十分にしないオーナーが多かったようで、今ではすっかりその姿を見なくなってしまった。だが、最近『e-Bay(イーベイ)』に出品された1989年型MR2は、状態の良さで他と一線を画している。走行距離は3万5400キロほどで、購入時の書類一式やアクセサリー類もすべてそろった奇跡の1台だ。

売り手はこの車のオリジナルのオーナーで、最近2003年型シボレー「コルベットZ06」を購入したため、手放すことにしたという。それにしても、こんなに大切にMR2に乗っていた人がいたとは驚きだ。

確実に手に入れたければ、2万ドル(約153万円)の即決価格で落札が可能だが、地道に入札すれば、より安く手に入れることができるかもしれない。興味のある方は『e-Bay』のMOTORS部門で詳細を見てみよう。

Related Gallery:1989 Toyota MR-2 Photos


関連記事
【ビデオ】世界に1台しかないタービンエンジン搭載の「バットモービル」がオークションに!
【噂】トヨタがMR2とスープラの後継車に着手?
【噂】トヨタ「スープラ」が復活!?
ジェラール・ドパルデュー、エマ・ストーン...航空会社とセレブたち
【捕捉】 rakugakidou.net ujiarmy.net
【PR】 オークション参加を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!