【ビデオ】鈴鹿・日本GPを前に、F1マシンが続々と日本に上陸!
来週末に控えたF1日本GPを戦うために、各チームのマシンが続々と中部国際空港セントレアに到着している。その様子はustreamの鈴鹿サーキット公式チャンネルで生中継されたが、現在でも "録画" されたものを観ることが出来るので、気分を盛り上げるためにもご紹介したい。

9月25日にシンガポールGPを終えたF1マシンは、レースで必要な様々な機材・パーツなどとともに合計5機の日本貨物航空カーゴ便に積まれ、約6時間のフライトを経て日本の中部国際空港セントレアに到着。まずはマクラーレンメルセデスGPルノーという3チームのマシンがシートに覆われた状態で姿を現した。

左)まずはマクラーレンから登場 右)2台ずつ運ばれる

この後、これらの機材は空港で通関検査を受け、トラックやトレーラーに積まれて三重県の鈴鹿サーキットまで陸送される。その総量は約500トンに及び、使用するトラック・トレーラーは延べ100台にもなるそうだ。

左)メルセデスGPはカバーもシルバー 右)ロータス・ルノーのロゴが見える

2011年F1日本GPは10月7日にフリー走行が始まり、8日に予選、9日の日曜日に決勝レースが行われる。レッドブルのセバスチャン・ベッテルが、2年連続となるチャンピオン決定まであと1ポイントというところまで来ているので、"余程のこと" がない限り、この鈴鹿で2011年F1世界チャンピオンが決まりそうだ(などと言ってはランキング2位にいるジェンソン・バトンのファンからお叱りを受けそうだが...)。

今ならまだサーキットの入場券は(座席によっては)購入可能なので、チャンピオン決定の瞬間に立ち会いたい方、小林可夢偉の母国GPを生で応援したい方は、以下のURLから空席状況を確認の上、ぜひ鈴鹿まで足を運んでみてはいかがだろう?
1万8,000rpmまで回る自然吸気V型8気筒エンジンの咆哮が体感できるのも、今年を含めてあと3年だ(予定)。

【2011F1日本グランプリ】空席状況のご案内

なお、このビデオは9月27日にF1マシンが中部国際空港セントレアに到着した様子をustreamで生中継した後、アーカイブとしてそのまま保存したもの。編集されていないようなので全部で約49分もあるが、F1マシンが姿を現すのはだいたい17分を過ぎたあたりからだ。


Video streaming by Ustream

関連リンク
-S.ベッテル、最年少記録更新でF1世界チャンピオンに輝く!
-2014年からF1のエンジンが1.6リッターV型6気筒ターボに!
-【ビデオ】ニコ・ロズベルグとミハエル・シューマッハがディナーで鉢合わせ!?
-【ビデオ】露プーチン首相がルノーF1マシンを試運転!


【PR】 事故に備えて安心!自動車保険一括見積もりはこちらから!