【レポート】スバルが新型スポーツカー「BRZ」にリアドライブを採用した理由とは?
スバル新型スポーツカー「BRZ」には、リアドライブ方式(RWD)が採用される予定だが、この決定に納得がいかないファンもいることだろう。同社には高い運動性能を誇る「SYMMETRICAL AWD(シンメトリカルAWD)」システムがあり、その優秀さは世界中のスバルファンが知っているからだ。ではなぜスバルは独自のAWDではなく、RWDを採用したのだろうか。

RZがトヨタとの共同開発であることがその理由の一端にありそうだが、事実は若干異なるらしい。自動車情報サイト『Motor Authority』によれば、スバル自身が、開発当初からRWDにこだわっていたというのだ。BRZの開発担当者は「我々はこれまで後輪駆動のモデルを発売したことがないが、BRZの発売を通じて、スバルの優れた走行技術がどんな駆動方式でも通用することを証明したい」と語っているという。

この説明をそのまま信用するかは、皆さんの判断にお任せしたいところだが、とりあえずは、来年春に誕生するスバル初のRWDを楽しみに待つとしよう。

Related Gallery:Subaru BRZ Prototype Spy Shots Photos


関連リンク