【スパイフォト】謎のレクサスLSをニュルブルクリンクでキャッチ!
今回はニュルブルクリンクサーキットで捉えられた謎の「レクサスLS」をお届けしよう。フロントグリル部分はカモフラージュのようだが、張り出したフェンダーや大きく突き出たトランクリッドスポイラー、サイドスカート、フードのエアベントなどが目を引き、ハイパフォーマンススポーツカーへの期待を掻きたてる。

我々は、この車両がケルンにあるTMG(トヨタモータースポーツ有限会社)のガレージに保管されているのを確認済みだ。つまり、チューナーによるカスタマイズカーなどではなく、レクサスによって開発されているモデルであることは間違いない。

これはもしかすると「レクサスLS –F」なのだろうか。トヨタが数年前からLS –Fの市販化の可能性をほのめかしてきたことや、新型GSの「Fスポーツモデル」の発売がすでに決まっているだけに、これが開発中のLS –Fではないとは言い切れない。それとも、この車両は東京モーターショー東京オートサロンに出展するための単なるワンオフモデルなのか? 興味は尽きないが、今後も引き続き、情報提供していくので期待してほしい。

Related Gallery:Porsche 911 GT3 Cup 2012


関連リンク