【ビデオ】862psにチューンされたフェラーリ「エンツォ」が大西洋に水没!
カナダのニューファンドランド島で開催されていた「タルガ・ニューファンドランド2011」。このロードレースに参戦していたフェラーリ・エンツォが大西洋に水没するという不運に見舞われた。

車はカーブを曲がった後、コントロールを失いそのまま海へ。幸いドライバー、コドライバー共にケガはなく、水没はしたものの車はほとんど無傷だった。このエンツォを運転していたのは、カナダでZRオートというレース車のディーラーを営むザヒア・ラーナ氏。世界に400台しかないエンツォの1台を所有する彼は、更に車をドイツで改造したという。その結果、彼のマシンは最大出力862ps、0-100kmh2.9秒というFXX並みの性能を持つ世界最速のエンツォとなったのだ。

ビデオでは落ち着いた表情でアクシデントを振り返るラーナ氏だが、「所詮、車だ。たいしたことじゃない」という姿はやはりどこか哀しげだ。さすがに時価1億を超える車に起きた不運に落胆の色を隠せない様子。レースを愛する彼と保険の支払額査定人に心から同情したい。

エンツォが海に落ちる瞬間と、レース前のエンツォの様子もチェックしてみよう。



Related Gallery:Ferrari Enzo crashes into Atlantic Ocean at 2011 Targa Newfoundland Photos


関連リンク
【レポート】フェラーリが2013年までに発表する(と思われる)ニュー・モデル情報!
【ビデオ】"ミシガンの皇帝"がチャリティー活動のため、所有する貴重な車を大公開!
フェラーリ・エンツォの後継モデルは、ブガッティ・ベイロンの影響を色濃く受ける?!
- 自動車保険一括見積もり